価格の安い車の購入に注意|中古車査定は相場を調べるのが鉄則|賢い売り方
メンズ

中古車査定は相場を調べるのが鉄則|賢い売り方

価格の安い車の購入に注意

車と人形

残債が残っている車

最近の新車価格、それは物価高騰を上回る以上に上がっているのではと考えてしまうほど、高価なものが多くなっています。軽自動車でも、200万円を越える車種があり、驚いてしまう価格になっています。それでも新車が欲しいと購入したのは良いのですが、最終的に支払いが出来ず、車を手放してしまう人も多くなっています。これらの車の車検証には、所有者はディーラーであったり、ローン会社になっています。この時、ディーラーなどで購入した時のローンが残っている車が、金融車と呼ばれています。しかしローンの支払い中に、車の使用者が金融車買取店に売却に出す場合があり、この車も金融車となります。また、使用車が車を担保にしてお金を借り、返済出来なくなり、その車が金融市場に出て来る場合もあり、これも同様に金融車と言われることになります。

名義変更が出来ない

金融車を購入するメリットは、一般の中古車と比べると、相当安価で購入出来ることです。これらの車の相場は、中古車平均価格の半額以下が多く、中には質の高い車も多く、魅力を感じる人も多いはずです。金融車の最大の欠点は、名義変更が出来ないことです。そのことから、保険会社によっては、任意保険に入ることが出来ない場合もあります。保険に入るために車の所有者は、契約者本人、契約者本人の配偶者、契約者又はその配偶者の親族となっていることから、契約出来ないことになります。また前の使用車が、自動車税を滞納している場合です。そのため金融車を購入する時には、税金や違反金の滞納がないことの確認が必要になり、販売店に処理をしてもらった後に購入しましょう。